睡眠時無呼吸症候群とは何か?

睡眠時無呼吸症候群とは何か?

睡眠時無呼吸症候群と言う病気につきまして知ってでしょうか?その名前の通り、睡眠中に呼吸が止まってしまうというかんじでSAS(サス)と言う呼ばれ方をする時も有ります。
呼吸が止まってしまうなんちゃって、生きていられなくなったのでは?と考えてしまいましたとしてましいるが、早々に呼吸は再開されているのです。
正しくは呼吸の停止時間が10秒以上が無呼吸、そうして1回の睡眠(約7時間)の間にこの無呼吸状態が30回以上ある状態が睡眠時無呼吸症候群なんです。
(1時間に5回以上と数える事も有ります)この睡眠時無呼吸症候群はいびきをかく方に多く見られる事も特徴です。
ですが当の本人は眠ってるのだから誰かから指摘をされませんと気が付いてこないものでしょう。
そのために自分が睡眠時無呼吸症候群だと知らずに何の治療も受けましてもない方が多く、その患者数はとっても大人数に登ると推測されております。
ただ単に眠っている間に呼吸が止まるだけでなく、日中の活動にも深刻な影を落とすのが睡眠時無呼吸症候群です。
だるさ、ねむけ、集中力低下、やる気が出てこない、元気もない…なども症状の一つで、更には脳卒中や心筋梗塞なども懸念されます。
自覚症状を感じにくいと言う所が睡眠時無呼吸症候群の恐ろしく厄介なポイントなんです。
現在ではCPAP等の有効で手軽な治療法が存在しますので、是非一度病院で検査を受けられる事をおススメします。
睡眠中のいびきがでかいと言う方は無呼吸状態になりましたりする実現性があるため、一度誰かに協力をお願いしてみるのも良かったのではないか?